逆援助交際には罠が潜んでいる

援助交際の逆である逆援助交際ですが、当然一般的な援助交際に比べると、数は少なくなっていると言えるでしょう。中には言葉巧みに男性を騙すようなサイトが存在していることもあるので、利用する前にはどのような罠があるのか確かめておくべきです。

被害を受けるのは男性が多い

援助交際で被害を受けるのは、男性も女性も同じぐらいの比率だと言えるでしょう。しかし、逆援助交際の場合には、圧倒的に男性が被害を受けてしまいます。なぜなら女性とエッチができる上に、報酬が貰えるとなれば、不景気や物価高で生活が苦しい男性がどんどん飛びついてくるからです。

これを逆手にとって、悪徳商法にはめてしまおうということも頻繁に起こっています。では、どのようにして騙されることが多いのでしょうか。まず逆援助交際で気軽に女性とエッチができる、しかも報酬が得られるなどという誘い文句で、出会い系サイトなどに登録をさせます。

その際男性は無料と書かれていることも珍しくありません。しかし、実際に登録をしてみると、女性はサクラばかりで全く出会えないだけではなく、有料の出会い系サイトに勝手に登録されてしまうという罠が多くなっています。場合によっては出会う約束をしたら、女性に連れられて行った先で怖そうな人たちからお金を取られるという被害もあります。

このようなサイトは使ってはいけない

逆援助交際を行う場合には、通常相手を探すことができる出会い系サイトやアプリ、掲示板などを利用することが多いでしょう。人によってはSNSを使うこともあります。特に注意するべきなのは、出会い系サイトを利用する場合です。トップページに女性の裸が記載されているような場合には注意しましょう。

また、登録した瞬間に複数の誘いのメールが来る場合も、間違いなくサクラだと思ってよいでしょう。このようなサイトを利用しても、出会える可能性はまずありません。次に掲示板ですが、掲示板は誹謗中傷や面白半分で書き込む人が大半を占めています。

なぜなら登録しないで利用できるからです。出会い系サイトを使うよりはましですが、間違っても掲示板に個人情報を書き込むようにすすめられても、書き込んではいけません。もし利用するなら、アプリが最も安全だと言えるでしょう。

SNSもおすすめできない

ツイッターやフェイスブックなどのSNSで、助けてほしいと男性が逆援助交際の書き込みをしていることがありますが、これも怪しいと思ってよいでしょう。この場合には女性が騙されてしまうこともあります。